みらくるダンス実験室(トップページ)
累計来訪者: 374,512
昨日0255 0512 pv
今日0082 0101 pv
(since 2008.12.30)
2016.12.08 10:59:27 時点


 http://miracle-dance.com/
_____

▼ 〔一般編〕 不思議な不思議な カラダの動き ▼
人間のカラダは、外見上は左右対称に見える。
だけど、多くの人が気付かないところで「左と右との大きな違い」が存在し、いざ実験してみると「わっ、違うわ!」と気付くことになる。
当実験室では「左と右が違うなら、左右の違いを最大限に利用しよう!」ということに興味を持たれる人を歓迎します。
§棒:左重心と右重心 ~こんなに違うカラダの動き
   ↑こちらをクリック   (最終更新日:2014/09/12)
棒-00:「棒」を使って 実験しよう!(2014/09/22)
棒-01:「棒」に掴まって 立ち上がる(2011/08/11)
棒-02:「棒」に掴まって 椅子に座る(2011/08/11)
棒-03:「棒」を引いて 前進する(左)(2011/08/11)
棒-04:「棒」を引いて 前進する(右)(2011/08/11)
棒-05:「棒」を肩に担ぐ ~飛脚の棒は右手?左手?(2011/08/20)
棒-06:「棒」を持って 足を横に伸ばす(2014/09/12)
棒-09:「棒」を背中に挿し 腕を伸ばす(2011/08/26)
§猫:ネコの動き と 人間の動き~腕に重心を乗せて立つ
   ↑こちらをクリック   (最終更新日:2014/09/12)
猫-00:ネコの重心は、前足の上にある(2014/09/12)
猫-11:ネコの前足は5本指。手首を内側に曲げる(2014/09/10)
猫-12:ネコの踵は何処? ネコの足の裏の使い方(2014/09/12)
猫-31:【連続写真でみる】ネコが腰掛ける時の動き(2014/09/10)
猫-32:【連続写真でみる】ネコの立ち上がる時の動き(2014/09/10)
猫-33:【連続写真でみる】ネコの歩き始める時の動き(2014/09/10)
猫-34:【連続写真でみる】ネコの歩いている時の動き(2014/09/10)
猫-51:写真のイタズラ~デタラメな解説をつけてみる(2014/09/10)
猫-81:鳩は2本足~首を前後に動かしながら歩く(2014/09/10)
猫-91:【おまけ】ネコの動きの面白い動画(2014/10/03)
§座:「背筋を伸ばせ!」と言うけれど ~文明のイタズラ
   ↑こちらをクリック   (最終更新日:2014/10/04)
座-00:躾に潜む、大きな危険!(2014/09/20)
座-11:「背筋が曲がらない姿勢」を作る(2014/09/20)
座-21:骨盤の天辺(腸骨陵)と 前かど(上前腸骨棘 ASIS)(2014/10/04)
座-22:右手は拳(陽/太陽)、左手は掌(陰/月)~太極拳での左と右(2014/10/15)
座-51:ニー・アップ!~「膝を持ち上げろ」という指導(2014/09/30)
座-52:骨盤が「立つ」・骨盤が「丸くなる」~背骨と太腿の角度(2014/09/30)
§復:首・胸・腰の反復運動 ~太腿は前に動く?後ろに動く?
   ↑こちらをクリック   (最終更新日:2014/10/02)
復-00:「首・胸・腰」の反復運動(14/10/02)
復-01:社交ダンスの「蹴りと引き」に対応する動き(14/10/02)
復-20:「インターロック」への挑戦(14/10/02)
復-21:首(くび)の反復運動(前後)(11/12/07)
復-22:胸(むね)の反復運動(前後)(11/12/08)
復-23:胸(むね)の反復運動(左右)(11/12/08)
復-24:腰(こし)の反復運動(前後)(11/--/--)
復-25:腰(こし)の反復運動(左右)(11/--/--)
復-30:社交ダンス(スタンダード)への応用(11/12/06)
復-31:首・胸・腰の動きを「食い止める」(11/11/29)
復-33:まとめ と 考察(11/11/29)
§段:爪先から着地!踵を踏むとカラダが進む!
   ↑こちらをクリック   (最終更新日:2012/10/29)
段-00:爪先着地で 前進するぞ!(2012/10/13)
段-01:ハイヒールを 階段から外して登る!(2012/10/13)
段-02:階段を登るとき(2012/10/13)
段-03:踵(ヒール)着地で 階段を登る(2012/10/13)
段-04:爪先着地で 階段を登る(2012/10/15)
段-05:階段での「動きの違い」の根底は?(2012/10/16)
段-06:「爪先着地」と「骨盤のローリング」(2012/10/15)
段-07:「爪先着地」で「中間バランス」(2012/10/23)
段-08:「爪先立ち」から踵(ヒール)を踏み込む(2012/10/24)
段-09:「爪先立ち」からの前進~左足編~(2012/10/25)
段-10:「爪先立ち」からの前進~右足編~(2012/10/29)
段-11:「踵着地」なのに「爪先着地」の動き(2012/10/29)
段-12:ハイヒールで「最大の歩幅」を稼ぐ!(2012/10/29)
段-13:ハイヒールでの「正しい」歩き方(2012/10/29)
段-14:「ラジオ体操」における太股の動き(2012/10/23)
段-15:まとめ ~さらなる実験への布石(2012/10/29)
§腰:ふだんの「腰」の動きを確認! ~腰を捻らない動きとは
--- この先 準備中 ---
§9:左の手首がパワーを生み出す ~左右の肘と手首の関係
   ↑こちらをクリック   (最終更新日:2011/09/07)
6-00:誰も気づかない 不思議な動き(2011/08/13)
6-01:(準備体操)旋回力が大幅アップ!(2011/08/14)
6-02:ナイフとフォークで 問題提起!(2011/08/14)
6-03:肘が曲がる? 曲がらない?(2011/08/28)
6-04:拳を握ると 手首は「右に回転」(2011/09/07)
6-05:(左足)薬指の上を ボディが通過する(2011/08/22)
6-06:左右で異なる「腰の動き」(2011/08/24)
6-07:「左の手首」を使って背筋を伸ばす(2011/08/31)
6-08:「右の手首」を使って腰を垂直に保つ(2011/08/31)
6-09:(手首を回転)腰を使わない二軸歩行(2011/09/06)
6-10:(肘を回転)腰を使った二軸走法(2011/08/24)
6-11:「中心軸感覚」一軸感覚の謎を解く(2011/08/27)
6-12:「爪先」を持ちあげて 足を前に出す(2011/09/02)
6-13:「爪先」を使って 体重移動(2011/09/03)
6-14:「フォアフット着地」と「ヒール着地」(2011/08/27)
___
▼ 〔社交ダンス編〕 スタンダード種目での検証 ▼
人間のカラダには「左と右との大きな違い」が存在する。
だけど、「日本の社交ダンス」では「左右の違いは想定外!」。 ダンスの基礎として「左右違い」が語られることは殆どありません。
当実験室では「左右の違いを意識すると、踊りがどう変化するか?」について考えます。
§歩:ナチュラルターンの1歩目とは?~CBMは右?左?
↑こちらから、お入りください
* 内容が古く 怪しい部分が多いので要注意!
歩-10:ナチュラルターンの最初の1歩(13/02/02)
歩-11:CBMでの「支え足」は、右足?左足?(13/03/11)
歩-12:社交ダンスは[手首]で回転?[腰]で回転?(13/03/11)
歩-13:背中を使って、カラダを動かす(13/03/11)
歩-14:背中を使ったバリエーション(13/03/11)
歩-15:「初心者の頃のホールド」を振り返る(13/03/11)
歩-16:「スウェイ」が変われば、CBMも変わる(13/03/11)
歩-17:「左の肩」を使ったスマートな動き(13/03/13)
歩-18:「左手の棒の回転」で、カラダを動かす(13/03/15)
歩-19:「右手の棒の回転」で、カラダを動かす(13/--/--)
歩-20:(小休止)超上級者向けの 超難しい「頭の体操」(13/03/05)
歩-21:「レッグスウィング」~足の上に立つ!(13/02/02)
歩-22:「フェザーステップ」のカウントの区切り(13/02/11)
歩-23:「支え足」と「動く足」(13/02/11)
歩-24:「前進ウォーク」と「フットワーク」(12/12/28)
歩-25:「前進ウォーク」からの変形(12/12/29)
歩-26:「前進ウォーク」からの継続(12/12/26)
歩-27:「もも上げスタイル」の美学(12/12/26)
歩-28:カラダを前に進める~もしかしてCBM?(12/12/30)
歩-29:「ショルダー・スウィング」って何者?(12/12/30)
歩-20:やさしく・トレーニング!(12/12/30)
歩-31:「ナチュラル系回転」の基礎とは何か?(13/01/02)
歩-32:迷探偵! 見えない動きを推測するぞ!(13/01/02)
歩-99:まとめ~原点は「みるく・ごっく~り」(12/12/30)
§傾:「前傾の限界」と「開脚の限界」
↑こちらから、お入りください
* 内容が古く 怪しい部分が多いので要注意!
傾-10:「前傾の限界」と「開脚の限界」(13/01/04)
傾-11:「前傾」しても いいですか?(13/01/04)
傾-12:とにかく「前傾」やってみる!(13/01/12)
傾-13:「前傾姿勢」と「ぶらんこ」イメージ(13/01/25)
傾-14:ナンバスタイルと、CoBoMoスタイル(13/02/09)
傾-15:前傾からの前進~ナンバ・スタイル(13/02/09)
傾-16:前傾からの前進~CoBoMoスタイル(13/02/09)
傾-17:「後傾姿勢」での「ナンバ」と「CoBoMo」(13/02/11)
傾-18:「ナンバ・スタイル」での究極奥義!(13/02/09)
傾-19:「CoBoMoスタイル」での究極奥義!(13/01/20)
傾-20:「CoBoMoPoに前進」とは?(13/01/17)
傾-21:「ナンバ」から「CoBoMo」への移行(13/01/20)
傾-22:フェザーステップでのナンバとCoBoMo(13/01/26)
傾-23:左足首を曲げて外旋、伸ばして内旋!(13/01/16)
傾-99:まとめと考察~CoBoMoとCoBoMoPo(13/01/17)
§腕:「腕を固定する」ということの意味
↑こちらから、お入りください
* 内容が古く 怪しい部分が多いので要注意!
腕-10:ダンスのカラダは「作る」もの??(12/02/27)
腕-11:腕を固定して踊るメリット(12/02/27)
腕-12:「先入観」がすべてを変える(12/03/02)
腕-13:「腕」が自然に浮いてくる!(男性編)(12/03/03)
腕-14:「腕」が自然に浮いてくる!(女性編)(12/03/03)
腕-15:ヒール(踵)が持ち上がるタイミング(12/03/03)
腕-16:「ロータリー・アクション」を全面否定!(12/03/08)
腕-17:「ペンディラム・スウィング」はナンバ?(12/03/13)
腕-18:「テイクバック」という大嘘!(12/03/14)
腕-19:左肘は真横に伸ばして固定する?(12/03/16)
腕-20:「右腕」は、斜めに引こう!(12/03/24)
腕-21:「右手の手首」を固定する理由(11/09/19)
腕-22:まとめと考察 ~2つの踊り方~(12/03/23)
§丼:左手にフォーク? 左手に どんぶり?
↑こちらから、お入りください
* 内容が古く 怪しい部分が多いので要注意!
丼-10社交ダンスの基本はどちら?(12/02/21)
丼-11「手首」の力で、カラダを動かす(12/02/22)
丼-12「どんぶりダンス」と「ナンバ歩き」(12/02/22)
丼-13こんなに違う! 後退の動き(12/02/24)
丼-14膝を持ち上げて 前進する方法(12/02/25)
丼-15「レッグ・スウィング」を検証する(12/02/27)
丼-16まとめと考察~西洋人と日本人(12/02/26)
§み:みるく・ごっく~り ~左重心での社交ダンス
↑こちらから、お入りください
* 内容が古く 怪しい部分が多いので要注意!
み-10:「左の手首」と「不思議な動き」(11/05/05)
み-11:基礎が変わる と ホールドが変わる(11/05/05)
み-12:「肘の内側」と「手首」の関係(11/05/17)
み-13:前腕の捻れ(肘と手首を逆回転)(11/05/17)
み-14:(参考)前腕を捻らないホールド(11/05/16)
み-15:足の裏の五角形(左重心で立つ)(11/05/24)
み-16:足首が伸びない!曲がらない!(11/05/25)
み-17:「マック式ドリル」への挑戦(11/05/26)
み-18:メトロノーム型スウィング(逆振り子)(11/05/29)
み-19:レッグ・スウィング(足の振り子運動)(11/05/31)
み-20:シャッセ(横への移動)における可逆性(11/06/02)
み-21:「左重心」の不思議な動き(part2)(11/08/27)
み-22:「左重心」と「みるく・ごっく~り」(11/08/27)
み-23:「骨盤パワー」という名の落とし穴(11/06/13)
 スポンサードリンク
§☆:みらくる・インフォメーション
管理人へのメール:dacemail@midokoro.com
↑管理人への連絡は、こちらから
 
☆ 「みらくるダンス実験室」リンク集  
☆ 注目の書籍  

 Since 2008.12.30
 (C) みらくるダンス実験室(管理人:山象)
   & みらくるダンス・プロジェクトチーム \(^o^)/
 (C) Miracle Dance Laboratroy & Miracle Dance Project Team


 ● みらくるダンス実験室 使用上の注意
当「みらくるダンス実験室」は、当実験室の管理人の「個人的な考え方」を記したサイトです。

もし、皆さんの師匠が指導されている内容と、当実験室の内容が食い違った場合は、皆様が指導されている師匠(先生)の言うことを信じるようにしてください。

迷ったときは「師匠を信じる」「当実験室は信じない」。これを当実験室の「お約束」とします。


_ 当実験室では、正しいダンスの踊り方を取得するには、自分が信頼している師匠(いわゆる先生・コーチ等)から、身体を持って学ぶ必要があると考えます。

ビデオや参考書を「見て覚える」だけの知識では、間違った解釈をする可能性が非常に高くなります。

当実験室の管理人(山象)の考え方に対して、常に疑問を持ち、「間違い探し」として当実験室を利用していただければ、うれしく思います。